さくら ジャンゴ・ラインハルト・フェスティバルの楽しみ方

SDRF(さくらジャンゴ・ラインハルト・フェスティバル)は、音楽ファンのみならず多くの方に愛されることをめざす、音楽を中心にしたお祭りです。


SDRFは3部構成でできています

第一日目昼

栃木県さくら市喜連川はかつて、足利氏ゆかりの城下町でした。温泉が湧出してから、現在では日本三大美肌の湯の街としても有名です。

 

SDRFの第一日目会場はこちらの城下町の街中が舞台です。

江戸時代と変わらない路地に立つ、昭和の風情を残す町並みの中に、明治、大正の古い建物が点在いたします。

 

街の中にあらわれた野外ステージ、大谷石の蔵でのライブ、明治時代の郵便局跡でのセッションなど、喜連川の街並を活用し、小さな街中が音楽のテーマパークになります。

 

2014年からはマルシェでのお買い物も楽しめるようになりました。

 

ライブを見て、歴史を感じられる路地を歩いたり、セッションに参加したり、オリジナルのジャンゴグッズをお買い物をしたり、と様々な楽しみ方ができます。

ジャンゴ・ラインハルトが使用していた、セルマースタイルのギターを触り、購入することもできます。



一日目 夜

音楽を聴きながらお酒を飲んだり、食べ物を食べたり、地元の方はもちろんさまざまな方との出会いがあります。

 

楽器を演奏される方は是非楽器をお持ちになってご参加ください。

夜中までセッションを楽しむことができます。

 

※こちらは一部有料イベントとなります


二日目昼

二日目は場所をさくら市喜連川公民館に移し、ゆっくりとコンサートをお楽しみください。

 

 

公民館の外ではオリジナルグッズの販売などもされます。

 

前日のセッションに参加された方は、是非温泉に入ってからゆっくりと参加してください。

道の駅にも温泉があり、路地の川沿いにある町営の温泉もございます。

 

1日目は体験参加型、2日目はゆっくりと演奏を楽しむスタイルになります。

 

是非、SDRFをお好みの方法でお楽しみください。

 

 


「もっとこうしたら楽しいのに・・」などございましたら是非アドバイスを実行委員会までメールをいただければ幸いです。

そして、実現化のため、スタッフとしてお力をお貸しください。

 

各スタッフが得意なこと、趣味、仕事での経験、好きなことを活かして運営することを目標とし、スタッフみんなが主役のイベントを目指しております。

 

よろしくお願い申し上げます。

 

スタッフお問い合わせ、応募フォーム

 SDRFのミッションステートメント

 

SNSなどでのシェアを是非よろしくお願い申し上げます。